【外壁塗装の単価相場】項目ごとの適性価格表

【外壁塗装の単価相場】項目ごとの適性価格表の画像

一般的な規模(30坪~40坪程度)の二階建住宅で外壁・屋根塗装を行った場合、おおよそ80万円~120万円が平均的な金額です。ただ、使用する塗料の種類や塗装する面積・回数によって単価が大きく変わってきます。項目ごとの単価相場を把握しておくことで見積書の妥当性を判断できるようにしましょう。

はじめに知っておくべきこと

外壁塗装の単価とは?

外壁塗装の費用は主に、塗料・養生の資材代、足場代、工事代、シーリングやフッ素加工など追加施工プランから構成されています。各項目の相場価格を知ることで、全体の相場感をつかむことができます。外壁塗装工事の見積り書には、平米単価と言われる1㎡あたりの単価が記載されています。あまりにこの単価からかけ離れた費用を提示してくる業者には注意が必要です。

一般的な規模、30坪から40坪程度の2階建て住宅で、外壁と屋根を同時に塗り替える場合、その費用相場は80万~120万円程度だと言われています。

塗装の費用は、外壁面積と塗料の単価によって決まりますので、外壁面積がわかれば費用の目安をある程度予測することも可能です。

延坪×3.3(1坪は約3.3m2)×係数=外壁の面積。

上記の計算式にある「係数」とは、窓やベランダなど平面ではない部分を計算するもので、通常1.2をあてはめると良いでしょう。

外壁の面積 30坪の場合
外壁の面積計算 30坪の面積
30坪×3.3×1.2 118.8㎡

もちろん実際に外壁塗装業者が計算する場合には、きちんと建物を測ったり、図面から計算したりしますが、外壁面積は見積金額に大きく影響するので自分でも一度計算してみると良いでしょう。

■例 シリコン系塗料1㎡ 1200円で塗装を行う場合

外壁面積 120.0㎡ × 3000円 = 360000円

外壁面積 150.0㎡ × 3000円 = 450000円

差額 90000円

思ったよりも値段の差がないじゃん?と思ったかたは危険です!!

これはあくまで塗装1回分の塗装代なので中塗り・上塗りと2回行えば代金は倍になります。 さらに外壁面積が多くなることで足場・飛散防止ネットなどの資材費用も追加されます。

このように外壁塗装の見積もりは外壁面積×項目単価で算出されるので、「外壁面積」「適性単価」両方を確認することが重要です。


外壁塗装「足場・養生・下塗り」など基礎工事の単価表

施工項目 詳細 単価(円)
足場代 クサビ形と単管で値段が変わる 800円/㎡
養生 ビニール・テープ・マスカーなど 800円/㎡
飛散防止ネット 建物の立地、設計による 200円/㎡
下塗り シーラー、フィラー、プライマーなど 600~900円/㎡
下地補修 ヒビ・汚れによる落剝(らくはく)防止 1,700~20,000円
シーリング工事 シーリング打ち替え・打ち増しにより変動 500~1500/㎡
クラック処理 ヒビの深さ大きさによる 1か所5,000円~
防水加工 下地・グラスウールを含む 3,000~3,500円/㎡
廃棄物処理・ゴミ処理 塗料・シンナーなどの処理 10,000~30,000円(業者負担もある)

費用相場は都道府県によっても違いがあります。特に都心エリアでは施工トラックの搬入が難しかったり隣接する建物との距離が近く、養生が余計に必要になる場合もあります。

見積もりを出す際にはお住いのエリアに合った費用単価であるかも比較してください。

高圧洗浄の単価

高圧洗浄は本来塗料が持つ耐久性た断熱などの効果を最大限発揮するためにとても重要です。高圧洗浄では目に見える汚れを落とすことが目的ではありません。前回塗った古い塗料やカビやコケを洗い流すことで隙間や汚れをなくすことで、新しい塗料を綺麗な状態で塗ることが出来ます。最近では湿度の高い外壁などコケや腐敗を防止するための「バイオ高圧洗浄」も人気です。

本来10年持つはずの塗料が高圧洗浄を行わなかったことで外壁塗装が5年ではがれてしまった場合、高圧洗浄の数十倍の費用が余計にかかることになります。

施工項目 詳細 単価(円)
高圧洗浄 屋根・外壁およそ同価格 100~300円/㎡
バイオ高圧洗浄 屋根・外壁およそ同価格 200~400円/㎡

外壁塗装の塗料単価

                     
塗料グレード 耐久年数 単価(円)
アクリル系塗料 5~7年 1,000~1,200円/㎡
ウレタン系塗料 8~10年 1,800~2,000円/㎡
シリコン系塗料 10~15年 2,000~3,000円/㎡
フッ素塗料 15~20年 2,500~4,500円/㎡
ラジカル塗料 12~15年 2,500~3,000円/㎡
無機塗料 20~25年 1,000~1,500円/㎡
アステックペイント 10~15年 4,000~5,500円/㎡
ガイナ 15~20年 3,800~4,000円/㎡
スーパームキコート 20年~ 4,500~5,000円/㎡

外壁塗装にはアクリル塗料・ウレタン塗料が一般的に使用されておりましたが、最近では耐用年数の長いシリコン系塗料の値段が安くなってきたため、 外壁塗装業界では一般的にシリコン系塗料が使用される機会が増えてきています。

屋根塗装「雨樋・軒天」など基礎工事の単価表

  
施工項目 詳細 単価(円)
屋根塗装 タスペーサー(縁切り) 300~500円/㎡
下地補修 1,700~20,000円
下塗り 600~800円/㎡
中塗り・上塗り 2,000~3,000円/㎡
雨樋塗装 屋根・外壁塗装と同じグレードがおすすめ 1,300~1,800円/㎡
軒天塗装 「EP」「AEP」塗料が一般的 1,000~1,500円/㎡

住宅やビルの屋根は建物に属するの火災保険の「風災」申請が可能です。風災は台風、旋風、竜巻、暴風などの災害による被害に対して認められます。

申請期間は災害にあってから3年以内ではありますが、台風は毎年訪れますので基本的にいつでも申請できます。

屋根塗装や損傷は実際に経年劣化であるのか風災によるものなのか判断が難しいため、経年劣化と思っていたものが風災に当てはまるケースも多いです。

屋根塗装を行う際は一度火災保険会社に診断してもらってください。

屋根塗装の塗料単価

          
塗料グレード 耐久年数 単価(円)
アクリル系塗料 5~7年 1,000~1,200円/㎡
ウレタン系塗料 8~10年 1,800~2,000円/㎡
シリコン系塗料 10~15年 2,000~3,000円/㎡
フッ素塗料 15~20年 2,500~4,500円/㎡
断熱塗料 15~20年 3,800~4,000円/㎡

屋根塗装の費用は屋根の種類よっても変わります。凹凸の少ないコロニアル屋根は比較的安く、トタン屋根やセメント瓦は割高になる傾向があります。

屋根塗装の塗料を選ぶ際は基本的には外壁塗装の塗料と同じグレードを選ぶことをお勧めします。同じグレードの塗料を選ぶことで次回の塗装も同じタイミングで行うことができます。

意外と掛かる足場の組立

意外と掛かる足場の組立

塗り替え工事を行う際には、当然ながら「足場」が必要となります。よく町でも見かけると思いますが、家の周りをぐるりと覆っているアレです。見積もりで足場費用は、「平米当たり○○円」と表記されている場合が多く、稀に一式○○円となっている場合もあります。おおよそどこも相場は500~700円/平米あたり程度に、養生シート、足場の周りを覆っているグレー色のメッシュシート、が100~200円/平米あたり程度となります。

養生シートがなければ塗料を塗っている際に周辺に塗料が飛び散りますので、必ず行います。足場費用と養生シート費用を合計して相場は600~900円/平米程度です。こちらは地域差がありますので、値段に幅があります。

最近では足場工事を専門とする足場屋さんが組み立てと解体を行うケースも多いです。その場合、早いときは1時間~2時間程度で足場の組み立てが完成します。

注意したいのは、時々「足場代無料」や「足場代半額」と謳っているものがあることです。もちろんその費用分は見積もりのどこかに紛れ込んでいます。残念ながら足場費用は通常戸建てを塗り替える場合は10~15万円程度はかかりますので、無料という事はありえません。
足場の平米計算ですが、足場は外壁から少し離れた位置である外側に設置するため、実際に塗り替えを行う外壁の面積よりも大きくなります。おおよそですが塗り替えを行う面積の1.2~1.3倍程度の平米が計算面積となります。

人件費

人件費

外壁塗装の費用は、それぞれの家の塗装面積や劣化状況など、さまざまな要因によって異なるため、一般消費者には見積書で上がってきた金額の妥当性を判断しづらいという側面があります。しかし業者の言うことを鵜呑みにするのは危険行為です。少なくとも「何かおかしいかも」と気づく程度の知識は、得ていた方が賢明です。そして、おかしいと感じた点については、逐一業者に確認することがトラブル回避につながります。

一般的な2階建住宅の外壁と屋根、塗り面積200㎡相当を塗装した場合、80~150万円程度の費用がかかると言われています。ただしこの額はあくまでも、目安の数値。外壁塗装の費用は、使用する塗料の種類や塗装面積、劣化の進行具合など、さまざまな要因によって変わってくるため、正確な金額の見積りは、とってみないことにはわかりません。

なお、見積もりに書かれている「人件費」とは、塗装職人にかかる経費を指します。人件費は費用全体の30~40%前後が目安と言われています。ですから例えば、人件費が全体の半分以上を占めているなどには、疑いの目をもった方が良いかもしれません。また安すぎる場合も、経験の浅い職人やアルバイトなどを登用して人件費を下げている可能性があるので要注意です。

塗装代

塗装費

外壁塗装で使う塗料は、種類によって値段が大きく異なります。注意しておきたいのが、耐久性が高い塗料は塗り替え回数が少なくて済むということ。断熱塗料など特殊塗料は地域によって期待できる効果が変わりますので、お住いの土地や気候に合った塗装を選ぶ必要があります。長いスパンで考えれば、安さだけを注視して選ぶと、結果的には割高になってしまう可能性も考慮しておく必要があります。 実際に見積書を手にしたら、次の点に注意しましょう。

まず、塗料メーカー名・商品名が明記されているか。同じシリコン塗料でも、メーカーによって価格が異なります。またシリコン樹脂の含有量や化学結合の強さなども、各メーカーによって違いがあるため、品質にも差があります。「シリコン塗料」という記載だけでは不十分です。

次に、塗装面積が「㎡」表記になっているかどうか。塗装面積、どれぐらいの範囲塗装をするかは、塗布量、使用する塗料の量を算出するために必要な数値です。つまり塗装面積が㎡単位で記載されていれば、きちんと塗布量が算出してある証でもあるのです。

そして、使用する塗料の缶数が明記されているかどうか。塗料の缶数は、「どれぐらいの塗料を使用するか」ということを意味しています。使用する塗料の量は各塗料メーカーによって決められており、規定量より多くても少なくても、施工不良につながる可能性があります。

下地処理は不要?

外壁塗装下地処理

外壁塗装の期間は新築から10年といわれていますが、外壁はその間常に雨や風にさらされており、目に見える汚れやヒビ以上に傷んでいます。

そのような状態で塗装を行っても傷んでいるところから塗装がはがれる落剝(らくはく)やチョーキング現象、ひび割れが発生します。新築から期間が長い住宅に関しては特に下地処理は重要になります。

外壁塗装の下地処理
高圧洗浄 高圧力の水をかけて外壁の汚れを落とします。
ヒビ・うきの補修 「クラック」といわれるひび割れ、モルタルの部分のうきをなくします。
シーリング処理 サイディングの間の隙間を埋めるシーリングの劣化を処理します。


外壁塗装を頼みたいけど結局どこがいいの…
外壁塗装は頻繁に行うものではないので誰でも初めは不安です。

当サイトでは塗装に関する不安や悩みを解消できるように、口コミやお見積り情報を提供します。

「外壁塗装駆け込み寺」掲載業者は全国500社の有料塗装会社から選ばれた業者なので

当サイトである程度塗装に関する知識をつけてお見積りを出して頂ければ、必ず納得して頂けると思います。



あなたの街の外壁塗装の適性相場で見積もりができます!