外壁塗装の単価

外壁塗装の単価の画像

外壁塗装の単価とは?

外壁塗装の費用は、塗料・養生の資材代、足場代、工事代などから構成されています。各費用の相場を知ることで、全体の相場感をつかむことができます。外壁塗装工事の見積り書には、平米単価と言われる1㎡あたりの単価が記載されています。あまりにこの単価からかけ離れた費用を提示してくる業者には注意が必要です。

一般的な規模、30坪から40坪程度の2階建て住宅で、外壁と屋根を同時に塗り替える場合、その費用相場は80万~120万円程度だと言われています。塗装の費用は、外壁面積と塗料の単価によって決まりますので、外壁面積がわかれば費用の目安をある程度予測することも可能です。

延坪×3.3×係数=外壁の面積。

外壁の面積×塗料の単価=塗装費用。

上記の計算式にある「係数」には、1.2をあてはめると良いでしょう。一つめの式で外壁の面積を算出し、そこに塗料の単価をかけたものが、塗装費用となります。

もちろん実際に外壁塗装業者が計算する場合には、きちんと建物を測ったり、図面から計算したりします。また、塗装費用は条件によっても大きく変動します。たとえば塗装に使用する塗料の種類や、塗装を行う範囲、回数などによって、金額に大きな差が出ることもありますので、見積書をしっかりと確認しましょう。

意外と掛かる足場の組立

意外と掛かる足場の組立

塗り替え工事を行う際には、当然ながら「足場」が必要となります。よく町でも見かけると思いますが、家の周りをぐるりと覆っているアレです。見積もりで足場費用は、「平米当たり○○円」と表記されている場合が多く、稀に一式○○円となっている場合もあります。おおよそどこも相場は500~700円/平米あたり程度に、養生シート、足場の周りを覆っているグレー色のメッシュシート、が100~200円/平米あたり程度となります。

養生シートがなければ塗料を塗っている際に周辺に塗料が飛び散りますので、必ず行います。足場費用と養生シート費用を合計して相場は600~900円/平米程度です。こちらは地域差がありますので、値段に幅があります。

注意したいのは、時々「足場代無料」や「足場代半額」と謳っているものがあることです。もちろんその費用分は見積もりのどこかに紛れ込んでいます。残念ながら足場費用は通常戸建てを塗り替える場合は10~15万円程度はかかりますので、無料という事はありえないのです。
足場の平米計算ですが、足場は外壁から少し離れた位置である外側に設置するため、実際に塗り替えを行う外壁の面積よりも大きくなります。おおよそですが塗り替えを行う面積の1.2~1.3倍程度の平米が計算面積となります。

人件費

人件費

外壁塗装の費用は、それぞれの家の塗装面積や劣化状況など、さまざまな要因によって異なるため、一般消費者には見積書で上がってきた金額の妥当性を判断しづらいという側面があります。しかし業者の言うことを鵜呑みにするのは危険行為です。少なくとも「何かおかしいかも」と気づく程度の知識は、得ていた方が賢明です。そして、おかしいと感じた点については、逐一業者に確認することがトラブル回避につながります。

一般的な2階建住宅の外壁と屋根、塗り面積200㎡相当を塗装した場合、80~150万円程度の費用がかかると言われています。ただしこの額はあくまでも、目安の数値。外壁塗装の費用は、使用する塗料の種類や塗装面積、劣化の進行具合など、さまざまな要因によって変わってくるため、正確な金額の見積りは、とってみないことにはわかりません。

なお、見積もりに書かれている「人件費」とは、塗装職人にかかる経費を指します。人件費は費用全体の30~40%前後が目安と言われています。ですから例えば、人件費が全体の半分以上を占めているなどには、疑いの目をもった方が良いかもしれません。また安すぎる場合も、経験の浅い職人やアルバイトなどを登用して人件費を下げている可能性があるので要注意です。

塗装費

塗装費

外壁塗装で使う塗料は、種類によって値段が大きく異なります。注意しておきたいのが、耐久性が高い塗料は塗り替え回数が少なくて済むということ。長いスパンで考えれば、安さだけを注視して選ぶと、結果的には割高になってしまう可能性も考慮しておく必要があります。そして実際に見積書を手にしたら、次の点に注意しましょう。

まず、塗料メーカー名・商品名が明記されているか。同じシリコン塗料でも、メーカーによって価格が異なります。またシリコン樹脂の含有量や化学結合の強さなども、各メーカーによって違いがあるため、品質にも差があります。「シリコン塗料」という記載だけでは不十分です。

次に、塗装面積が「㎡」表記になっているかどうか。塗装面積、どれぐらいの範囲塗装をするかは、塗布量、使用する塗料の量を算出するために必要な数値です。つまり塗装面積が㎡単位で記載されていれば、きちんと塗布量が算出してある証でもあるのです。

そして、使用する塗料の缶数が明記されているかどうか。塗料の缶数は、「どれぐらいの塗料を使用するか」ということを意味しています。使用する塗料の量は各塗料メーカーによって決められており、規定量より多くても少なくても、施工不良につながる可能性があります。