外壁塗装の見積もりシミュレーション

外壁塗装の見積書

いざ外壁塗装をしようと思っても見積もりを取るのが面倒と感じている人、多いと思います。初めてでも失敗しないために実際の見積書を見ながら見積りまでのシミュレーションを掲載します。

実際の見積書を見てみよう

外壁塗装の見積もりシミュレーションの前に実際の見積書を確認してみましょう。

外壁塗装の見積書

項目ごとに細かく分かれているのが確認できると思います。逆に上記のような各項目ごとの見積金額がなく、単に「塗装代」「人件費」の様な大きなカテゴリーでまとめられている見積書は危険です。

見積書のフォーマットは塗装業者によって別々ですが、確認すべきポイントは一緒です。

見積りの比較ポイント

見積書を見て頂けるとわかる通り、

見積金額は「数量」「単位」「単価」によって算出されます。

見積り項目 詳細 ポイント
数量 足場であれば敷地面積、塗装であれば外壁面積 足場・外壁塗装・屋根塗装など項目によって数量は変わります。すべて同じ面積になっていないか注意してください。
単位 1㎡ = 約 0.3 坪、1坪 = 約3.3㎡ 塗装面積の見積もりには「㎡」の利用が一般的です。「㎡」以外の単位を使用している見積書には注意。
単価 各工程・塗料の㎡ごとまたは枚数ごとの単価 塗料の価格はインターネットですぐに調べられます。正規販売価格との値段の差を確認しましょう。(塗装業者の仕入れ価格によって多少の誤差はあります。)

外壁塗装の見積もりを行う場合は必ず複数の業者から見積もりを取るようにしてください。相場価格はお住いの地域によって異なりますし、外壁面積に関しては個人での測量が難しく、塗装業者に調べてもらう必要があります。同じ塗装工程であれば塗装面積は各業者差が出にくい箇所なので、悪徳業者や見積金額を増している業者はすぐにわかります。

複数社の見積書を比較する際のポイント

  1. 施工項目が詳細に書かれているか?

  2. 施工工程ごとに見積もりが分かれているか確認してください。詳細に書かれていない場合、後から請求される場合があるので価格が安くても注意!。
  3. 各項目の面積を確認

  4. 面積は業者ごとの差が出にくいので、他社の見積書とかけ離れていないかを確認してください。
  5. 足場・養生・飛散防止シートの単価

  6. ■足場・養生・飛散防止シートの相場
    足場 1㎡あたり700~1000円
    養生 1㎡あたり300〜500円
    飛散防止シート 1㎡あたり100〜200円
    上記を大きく上回っている見積もりは要注意!
  7. 塗装単価・回数

  8. 塗装単価は同じ「シリコン塗料」「ウレタン樹脂塗料」であってもメーカによって値段が変わりますので見積書には塗料の商品名まで記入されていないケースも多いので、比較する場合は「下塗り」「中塗り」「上塗り」などの塗りの回数とそれぞれの単価を確認しましょう。

外壁塗装の見積書例 築10年 50坪の一軒家

築10年30坪一軒家の見積り金額の相場は約70~130万円です。

50坪の外壁面積は198㎡で計算しています。

■外壁の面積の求め方

外壁の面積=50坪(坪数)×3.3(1坪=3.3㎡)×係数(1.2)
工事内容 面積 単価(円) 合計金額(円)
足場 198㎡ 700 138,600
養生 198㎡ 250 49,500
高圧洗浄 120㎡ 150 18,000
シーリング補修 1 35,000
下地処理 45 1,100 49,500
下塗り 浸透性シーラー 198 600 118,800
上塗り1回目 シリコン樹脂塗料 198 750 148,500
上塗り2回目 シリコン樹脂塗料 198 750 148,500
廃棄物・ゴミ処理等 1 10,000
合計 716,400
消費税(8%) 57,312
税込合計金額 773,712


見積りを取る前に

外壁塗装の業者を探していると「〇〇塗装株式会社」「〇〇リフォーム株式会社」「〇〇建設株式会社」など業者によって屋号が変わっているように会社の形態も様々です。

事業形態 特徴
塗装専門業者 従業員数名で塗装を専門に行う業者です。自社で塗装を行うので中間マージンもなく料金も安めです。ただ、業績が厳しい業者が多くとりあえず受注する為に安い見積書を出して、実際は手抜き工事を行うトラブルも発生しています。過去の実績・塗装例などを参考に業者選びを行いましょう。
リフォーム業者 リフォーム全般を行っている業者です。自社内に外壁塗装部門がある会社もあれば塗装全問会社に下請けを出している企業もあります。他のリフォームサービスと同時に申し込むことで値引きしてもらえる場合があります。
建設業者 建設からリフォームまで一括で行っている業者です。メーカー直営であったり保証サービスが充実している業者が多いです。塗装専門業者やリフォーム業者と比べて比較的高い傾向にあります。

「外壁塗装の駆け込み寺」で見積もりを取ってみる

全国の優良外壁塗装業者500社から見積もりができる「外壁塗装の駆け込み寺」 で実際に見積もりを行うまでのシミュレーションを掲載します。

1.ホームページより「申し込みフォーム」へ入力

  1. ➀お名前
  2. この段階では正式な見積もりではないので名前の入力は任意なので空欄でも問題ありません。
  3. ➁電話番号
  4. 専門スタッフより見積もりの電話がかかってきます。
    直接塗装会社より営業の電話が来ることはありません。
  5. ➂延べ床面積
  6. 外壁塗装を行う自宅の面積を近い項目から選んでください。

2.外壁塗装お見積りシミュレーションとスタッフの電話相談

申し込みフォームを入力するとすぐに外壁塗装お見積りシミュレーションが確認できます。

■外壁塗装お見積りシミュレーション例

シミュレーションでは外壁塗装で多く利用される「シリコン」「フッ素」「光触媒など」を使用した際の見積もり相場を「外壁塗装」「屋根塗装」「仮設足場」のカテゴリーに分けて算出してくれます。

その後、専門の女性スタッフから見積もりに関する電話がかかってきますので外壁や屋根のリフォームに関する悩みを相談して見ましょう。

また、この段階で金額面など難しいと判断した場合は気軽に断ることができます。

3.優良地元業者の現地調査


外壁塗装現地調査

専門スタッフとの相談が終わると必要に応じて自宅エリアの優良塗装業者が自宅の見積もり調査・問題点の確認を行います。もちろん点検・見積もりは無料なので別の業者に依頼することも可能です。

「せっかく自宅に来て見積書を出してもらったのに断るのは申し訳ない・・」と思う方も多いでしょう。

外壁塗装の駆け込み寺では駆け込み寺のスタッフに連絡をすれば直接行業者に断りの連絡を入れる必要ありません。その後、塗装業者から営業電話等も一切ないのでご安心ください!

4.塗装会社と契約していざ施工開始!

外壁塗装 塗装例

見積書を比較して業者が決まったら契約して施工開始となります。施工が始まってしまうと取消をすることはできませんので疑問点があれば契約前にしっかり質問しましょう。

外壁塗装の駆け込み寺では現在、外壁塗装駆け込み寺経由で工事をお申し込みいただいた方に最大10万円のキャッシュバックキャンペーンも行っていますので是非この機会に確認してみてください!


外壁塗装

見積りを取った後の断り方・・・

複数社に見積もりを行った場合、最終的にはどこか一つの業者を選び残りは断らなければなりません。担当者の態度が悪かったり見積金額があまりにも高いなどの理由があればきっぱり断りやすいのですが、塗装の種類など細かく受け答えをして頂いていると後ろめたい気持ちになることもあります。担当者に迷惑のかからない上手な断り方を教えます。

1.選ばなかった理由を素直に述べる

受注を決めた業者とは僅差であっても劣っていた点があるはずです。

  1. 金額
  2. 施工期間
  3. カラーデザイン・提案力
  4. 塗装の種類
  5. 会社の信頼度・実績
  6. 担当者の知識・態度

外壁塗装の場合、当サイトでも推奨している通り基本複数社の合い見積もりですので、断られることも数多くあります。しっかりとした理由と断りの謝辞を添えれば気を悪くする担当者はおそらくいません。

ただ「営業は断られてからが勝負」というような言葉があるように、曖昧な返事をしたり結論を先送りにすることがお互いにとって一番よくありません。

特に大手リフォーム会社など外壁塗装の他にも室内リフォーム等を行っている会社であれば、外壁塗装以外のサービスを勧めるようにマニュアル化されている場合がほとんどです。

お互いに無駄な時間や苦労を費やさない為にも、断る場合はきっちり断り、一度断ったらブレることがないようにしましょう。

2.断る場合はメールでもOK

外壁塗装の見積もり段階では電話や対面で断る必要はありません。業者によっては確認もしくは再度営業の為に電話をかけてくる場合もあります。その際は丁寧に理由を述べて断りましょう。

検討段階では頻繁にメールや電話があったのに断りのメールを送ってからは確認のメールすらなくなることもあります・・・。

3.断りメールの例文

<件名>

外壁塗装の御見積りの件に関しまして。


<メール文面>

〇〇塗装会社

○○様


いつもお世話になっております。

先日塗装の御見積りをお願いしておりました○○でございます。


ご提案内容を慎重に検討しました結果、

・想定していた予算とお見積り金額が合わなかった

・他社の塗装シミュレーションに関心がある


上記2点により誠に恐縮ながら今回は別の業者様にお願いすることに致しました。

これまでご提案いただき、誠にありがとうございます。


取り急ぎメールにてご報告申し上げます。

失礼いたします。

4.断った後もしつこい場合

外壁塗装に限らず引っ越しなど一度見積もりを行うと何度も電話がくることはよくあります。電話行っているのは通常塗装業者ではなく塗装業者に顧客を紹介する代理店と呼ばれる会社です。多くが見積もりを受けて受注が確定して初めて報酬を受け取れるビジネスモデルなので受注の可能性がある顧客にはとことん電話します。

ですので、自分はもう受注の見込みはないことを認識してもらう必要があります。

仮に、見積もりはとったもののどの業者にするか決まっていない場合でも

「既に他の塗装業者様に決定し、日程調整をしている段階なので、失礼ですが電話リストから外してもらえますか?」くらいのことを言っても大丈夫です。

2009年12月に特定商取引法が改正され、電話勧誘販売、もしくは訪問販売の場合、消費者が「いらない」「興味がない」とはっきりと勧誘を断っているにもかかわらず、業者が引き続き勧誘したり、再度勧誘してはいけないことになりました(再勧誘の禁止)。

しっかりと断っているにも関わらずあまりにもしつこい場合は国民消費者生活センターに相談してみましょう。


外壁塗装を頼みたいけど結局どこがいいの…
外壁塗装は頻繁に行うものではないので誰でも初めは不安です。

当サイトでは塗装に関する不安や悩みを解消できるように、口コミやお見積り情報を提供します。

「外壁塗装駆け込み寺」掲載業者は全国500社の有料塗装会社から選ばれた業者なので

当サイトである程度塗装に関する知識をつけてお見積りを出して頂ければ、必ず納得して頂けると思います。



あなたの街の外壁塗装の適性相場で見積もりができます!