外壁塗装とサイディング

外壁塗装とサイディングの画像

厳しい自然環境から住まいを守り、外観のイメージさえも大きく左右するのが外壁材です。一般的な戸建住宅の主な外壁材には、サイディングやモルタル塗壁、タイルなどがありますが、その中でも最も多く用いられているのがサイディングではないでしょうか?

はじめに知っておくべきこと

サイディングとは

「サイディング」とは、建物の外壁に用いられるボード状の建材のことです。工場生産のため品質が均一であり、施工性が高いのが特徴です。サイディングは構成する素材によって、窯業系、金属系、木質系、樹脂系などに分類することができます。素材によって異なりますが、性能や価格、デザインなどのバリエーションも豊富に揃い、新築でもリフォームでも取り入れやすい建材でしょう。これらのサイディングボードをシーリング材と呼ばれるゴム製の建材でコーキング(繋ぎ合わせ)をします。

サイディングは、素材はもちろん商品によって、その特徴は異なります。選ぶ際には、性能や機能の特徴を確認することが重要ですし、太陽光、雨水、風雪、台風などの敷地の自然環境に適した商品を選ぶことも大切です。特に保証やメンテナンスに関しては、事前に充分に確認する必要があるでしょう。イニシャルコストだけでなく、補修やメンテナンスにかかるランニングコストを考え合わせ、長期的な視点で商品選びをすることがポイントです。

サイディングの種類と特徴

種類特徴単価(㎡)耐久性
窯業系外壁サイデイングとして最も多く使われており、耐久性や防水性など機能面でのバランスも良い。3000~円
木質系天然木を装飾しており、デザインや断熱性には優れているものの防火性は低い。3500~円
樹脂系原料の塩化ビニル樹脂は色あせやヒビ割れなど定年劣化がほとんどない。4000円~
アルミ系断熱性に加え防音性能も優れており、軽量で取扱が容易。5000円~

工事費用はいくら

工事費用はいくら

外壁は観ただけである程度劣化状況がわかってしまうため、頻繁にリフォーム業者が訪ねてきたり、チラシがたくさん投函されたりすることがあります。また、それら業者の提示する金額がそれぞれまちまちで、金額にかなりの開きがありますから、一体どの金額が適正なのかわからなくなってしまいますよね?

この金額の差を生み出している大きな要因の一つが「塗料」の種類です。一口に「塗料」と言っても、その種類は実に多く存在します。この塗料の種類が塗装の品質を決めるといっても過言ではなく、ズバリ「耐久性」に影響するのです。

塗料の種類や性質によって工事費用だけでなく、塗装の耐久性、すなわち外壁を長持ちさせる上で大きな差がでてしまいます。例えば標準的な2階建て、建て坪は約20~30坪の一戸建ての1階60~100?の場合。アクリル樹脂系だと60~110万円、ウレタン樹脂系であれば75~125万円、シリコン樹脂系ならば85~140万円、フッ素なら150~250万円します。

この単価は床面積に対して算出していますが、業者によっては、延床面積で算出する場合もあります。そのため、延床面積で算出した単価の方が床面積ベースで算出した単価より安く見えますので、単純比較するときは確認が必要です。

サイディング・シーリングの劣化

サイデイングが使われる前はモルタル性の外壁塗装が一般的でした。モルタルは、セメントと砂・混和材を混ぜ、水を加えて練ったモルタルを下地に樹脂系の素材などを塗装とする方法です。仕上げは、樹脂系の素材を吹き付ける、コテやローラーなどで多様な模様を施したものがみられます。仕上げの方法によってさまざまな表情が生まれるのが大きな魅力でしょう。 一方、モルタルのデメリットは塗装が乾くのに時間がかかり、1平方メートルあたりの費用が高いところです。また、ヒビが入りやすく劣化によりチョーキング現象も発生します。

サイディングはそんなモルタルのデメリットを解消した建材として登場し、豊富な色や柄を建物のコンセプトに合わせて変えられるのも人気です。 ただ、サイディングも年数を重ねることで必ず劣化は起こります。特にサイディングの繋ぎ目であるシーリングは劣化が起こりやすい部分です。シーリングに隙間ができるとそこから水分が侵入しヒビや変色の原因となります。 広く利用されている窒業系サイディングボードの平均耐久年数は約15年~20年と言われています。

高圧洗浄機に注意

高圧洗浄機に注意

実は、外壁の塗り替えを行う際に最も大切な作業の一つが、「高圧水洗浄」です。新築でも10年も経てば、外壁や屋根に相当のゴミ・ほこり・カビなどが付着しております。特に屋根については雨・ゴミが毎日相当当たっているため大変汚れています。

砂で汚れた傷口に、カットバンを貼る人はいません。必ず傷口についている砂を落としますよね?

外壁の塗り替えも当然同じで、ゴミなどが付着している面に塗装を行うのか、綺麗な面に塗装をするのかでは付着強度が大きく異なります。サイディングなどの外壁は、軒がしっかりとあるお家であれば雨の汚れも付着しにくく、そこまで汚れが堆積していません。しかし屋根は汚れが相当堆積していますので、特に入念に時間をかけてしっかりと高圧水洗浄を行う必要があります。

基本的に、しっかりと水洗浄を行おうと思えば丸1日かかります。高圧水洗浄の相場はおおよそ150~200円/平米です。極稀にではありますが、水洗浄を行わない塗装会社もありますが、これは問題外です。悪徳とまでは言えないまでも、良い業者ではないので、ご注意ください。「高圧水洗浄がなくとも塗り替えができるのでは?」と問われればできますが、剥離する危険性が非常に高まる為、お勧めできません。