外壁塗装の「格安」「激安」は注意

外壁塗装の「格安」「激安」は注意の画像

外壁塗装は相場価格より大幅に下げることは難しい!

外壁塗装のメンテナンス。安い費用ではありませんから、少しでも安い外壁塗装業者に依頼したいと思うのは、誰でも同じかもしれません。実際に「格安」、「激安」といった文言が躍るHPなども目にする昨今、本当に信用しても大丈夫でしょうか。答えはNOです。相見積りをしてみれば、だいたい同じような金額が並びますので、相場はこのくらいかとわかります。そうなると、安く出している業者があったとすると、どこまで安くしているのかが問題なのです。また、その金額を他社にいうと、大幅値引きを提案してくる業者があるかもしれません。これも、どこまで安くしているのかが問題なのです。何でそうですが、業者も損をしないようにやっているのですから、あまりにも相場価格から離れている場合、なぜそうなっているのかをよく聞いてみることが必要でしょう。

もし、「20~30万円の値引きはすぐ可能」、「モニター価格だから半額」、「今だからキャンペーンで安い」などという甘い言葉があっても、外壁塗装の価格の一般的な内訳を知れば、疑わしい価格であるとわかるかもしれません。外壁塗装の一般的な価格の内訳というのは、大方このようになっているからです。人件費や材料費で3割ずつ、利益が2割、足場代・諸経費が1割ずつで、本当に業者が値引きを頑張るとしたら、さらに利益を減らすか、材料費を削減するかないのです。また、初めから人件費や材料費の割合がもっと低く、利益のほうが高かった場合、職人の志気が上がらず、しっかりした工事をしてもらえない可能性もありますし、そこから利益を減らしたとしても、元々高かったわけですから、安くなったわけではないのです。こうして、数字上の見せかけのからくりがいろいろされて、さも価格が下がったように見せかけることはいくらでもできるということを頭に入れておきましょう。基本的に、外壁塗装は相場価格より大幅に下げることは難しいということです。


外壁塗装

格安の理由・デメリット1.下請け業者へ横流し

外壁塗装の業者の力関係を見てみると、一番利益を多く取られるのは大手メーカーや大手リフォーム業者に依頼した場合で、次にその下請けの中間業者(工務店やリフォーム店)、さらにその下請けである孫請けと呼ばれる個人店などの小規模業者という順番になります。力関係で一番上に位置する大手業者に依頼するほど、中間マージンが発生するのです。元受けである大手業者が安くしようとした場合は、当然、下請け業者や孫請け業者のマージンカットが行われ、仕事は横流しとなるわけですから、仕事を請け負う側の利益はほとんどなくなっていきます。現場で働く職人の人件費が安くなるから、価格が下がるということが考えられます。この仕組みがわかると、価格が格安であっても、どこにその分のしわ寄せがいっているのかを考えれば、安さにも限界があることがわかるでしょう。下請け・孫請け業者へどんどん横流しすることが多い業界ですから、元々の価格を「格安」、「激安」にされると、職人が人件費で泣くしかないのです。結局、下請け・孫請け業者はどうしても人件費を削られる立場ですから、あまりに価格を下げると、作業レベルに影響を与えてしまうデメリットがあるかもしれないことも考えておきましょう。施主側がどこに発注するかを考えて、価格を比べてみる必要があるのではないでしょうか。結果として、最終的に施主側に跳ね返ってくる怖さが「格安」、「激安」にはあるかもしれません。

格安の理由・デメリット2.足場など工事用具の削減

外壁塗装工事には、足場や養生などの用具も必要となります。「格安」、「激安」と謳ったり、施主側から「もっと安く」と値引きをしつこく要求したりすると、このような工事用具の削減提案をされるかもしれません。業者がいうなら大丈夫…と思ってその提案に乗れば、手抜き工事をされてしまう可能性が大きくなります。最初から「手抜きをします」という業者はいないでしょう。「しっかりやります」というでしょう。だからこそ、怖いのです。工事用具を削減しようとすると、足場を他業者にレンタルしている場合、1日でもレンタル代を削ると工期に無理がかかるかもしれませんし、足場を簡略化して作業が不安定になって事故を起こす危険性が高まるかもしれません。養生の削減なら、隣家や地面にペンキが飛び散るかもしれませんし、仕上がりに差が出るような作業状態になってしまうかもしれません。これらが起こり得るのです。足場の費用は、外壁塗装工事費の約2割、養生代の平均費用は300~500円/㎡で、小さな割合ではありませんが、完璧な作業や安全性を前提としたら、決して省けるコストではないでしょう。たとえ、業者が最初から他社との競合で足場代や養生代を無料としたり、割り引いたりを提案してきても、本来は削減できない項目だと思っておいたほうが無難です。もしかしたら、他の項目にその分が上乗せされている可能性もあり、工事用具の削減はデメリットでしかないでしょう。

格安の理由・デメリット3.塗料を薄める

外壁塗装の塗り直しをするということは、外壁の美しさや機能を少しでも長持ちさせるために行うものです。「格安」、「激安」のために、塗料コストの部分を削減しようとして塗料を薄めるなどという行為があるとすれば、本末転倒とはこのようなことでしょう。本来、水やシンナーを使用して、塗料メーカーが設定している適切な希釈料(多くは5~10%)があり、守らなければ、塗料が持っている機能性がなくなってしまうことになります。塗料を薄めたとしても、素人にはまったくわからないのが悔しいところで、同業者にさえまったくわからないでしょう。わかるのは数年後なのです。こうなると、価格を下げるためなら何でもやるという典型的な悪徳業者といっても良いでしょう。塗り直してからたった数年で塗装が剥がれたり、ヒビ割れが起こったり、カビ・苔が生えたりするようでは、明らかにおかしいことだといえます。このように、「格安」、「激安」を謳い文句にしている外壁塗装業者は、本来の材料でさえ粗末に扱うことも平気な業者がたくさんあり、作業時間の短縮にもなると思っている節もあり、職人としてのプライドも何もあったものではありません。まして、施主が自ら値引きをいい出せば、塗料を薄められて手抜きをされるというようなデメリットを味わってしまう可能性もあると覚悟しなければならないでしょう。おかしいと思った数年後には、もう、その業者は存在しないかもしれません。

格安の理由・デメリット4下地処理など必要工程を省いた手抜き工事

「格安」、「激安」を掲げる外壁塗装業者がやりそうな行為として一つ挙げられるのは、下地処理や3度塗りなどの必要工程を省いた手抜き工事があります。誰もが、「そんなバカな」と思うかもしれませんが、工事の重要工程さえも省かれてしまう可能性があるということです。しかも、このような例は珍しくはないというのですから、衝撃の事実ではないでしょうか。外壁塗装の塗り直しは、上から塗料を塗っていくだけではありません。塗料を塗るまでにはキチンとした工程を行う必要があるのです。まず高圧洗浄を行ってホコリの汚れや粉状の汚れ(チョーキング)を落とし、乾燥させてからサビやヒビなどを削ったり、古い被膜を剥がしたりする補修(ケレン)、目地の補修(シーリング)などを行います。これらが下地処理と呼ばれるものです。それからやっと、塗料の3度塗りを経て工事は完了します。大変な手間のかかる工程ですが、どの項目も大事な工程になりますから、省くことはあり得ないでしょう。どの工程が抜けても、塗料の塗りが悪くなったり、劣化が早まってしまったり、再度のメンテナンス費用がすぐ必要になったりしてしまうのです。初めの支払いにたとえ何万円、何十万円が安くなったとしても、費用の安さだけに浮かれていると、大変な目に合ってしまうかもしれなません。そうなってから、格安と引き換えに大きな代償となった手抜き工事のデメリットに呆然としても、後の祭りでしょう。


外壁塗装

外壁塗装を頼みたいけど結局どこがいいの…
外壁塗装は頻繁に行うものではないので誰でも初めは不安です。

当サイトでは塗装に関する不安や悩みを解消できるように、口コミやお見積り情報を提供します。

「外壁塗装駆け込み寺」掲載業者は全国500社の有料塗装会社から選ばれた業者なので

当サイトである程度塗装に関する知識をつけてお見積りを出して頂ければ、必ず納得して頂けると思います。



あなたの街の外壁塗装の適性相場で見積もりができます!