外壁塗装の注意点を確認しよう!

外壁塗装の注意点を確認しよう!の画像

外壁塗装の保証は業者によって全く違います!

外壁塗装の注意点

戸建て、マンション、ビルなど、建物の種類に限らず、どんな建物でも外壁塗装メンテナンスが必要になる時期が必ずやってきます。何らかの建物を所有していれば当然のメンテナンスの一つになるでしょう。目安として、築10年を迎えるあたりで外壁塗装を塗り替えることが一般的となります。メンテナンス時期を迎えた時に、どこに頼むのか、費用はいくらかかるのかがまず頭に浮かぶかもしれません。それらを含めて、外壁塗装をする前に事前の知識を持っているのといないのでは、外壁塗装業者の説明を受ける際にも受け止め方がまるで違ってくるでしょう。そのためにも、外壁塗装の注意点を知り、確認しておくことがとても重要になるのです。特に、初めての外壁塗装メンテナンスを迎えるとなれば、わからないことだらけでしょうから、不安になるかもしれませんが、不安なことばかり考えていては前に進めません。自発的に外壁塗装について学んでいき、この先20年、30年後の外壁塗装メンテナンスを迎えた時にも役立つような経験にしていきましょう。

特に戸建ての方は、「まだ外壁塗装はメンテナンスしなくても大丈夫」などと思うかもしれませんが、よくよく外壁を触ったり、眺めたりすると、白い粉がつく(チョーキング)、ヒビ割れ(クラック)、剥がれ、苔やカビ汚れ、サビ、シーリングの劣化などの症状が現れていないでしょうか。一つでも当てはまれば、もう外壁塗装の劣化は進んでいる証拠です。少しでも早く塗装メンテナンスをすることは、建物にとっては命拾いとなるといっても過言ではなく、木造の建物においては取りわけ大事なメンテナンスとなります。


業者選び

外壁塗装業者といっても、いろいろな業者が存在していますが、その中から1社を選ばなければなりません。あるリフォームアンケートによると、外壁塗装の場合には、価格の明朗さや安さを第一に考える方が多い結果となっています。他の基準で選んでいる方で次に多いのは、説明のわかりやすさや実績・事例の豊富さを挙げています。価格において、仕上がりにおいて、両方で満足いく結果になれば一番良いことには違いありません。では、どうしたら、良い業者に当たることができるのかのアドバイスが2点あります。一つは、価格の目安を知っておくことです。外壁塗装の相場は、塗料にもよりますが、一般的にすすめられる塗料を使用すれば、延床面積30坪前後で80~100万円という相場になります。極端に、この範囲からかけ離れていたり、その場ですぐに値引きしたりする業者は怪しいと思って良いでしょう。二つめは、直接の営業売り込み業者とは契約しないということです。実績に自信があれば、そのような飛び込みはしないはずですから、これも怪しいと思って良いでしょう。これらは注意点の一部ですが、いろいろな角度から見た上で、業者選びをしていくことをおすすめします。

見積り

数社から相見積りを取るといっても、総額での違いは一目でわかりますが、その中身を比べるとなるとなかなかわかりづらいかもしれません。総額だけで決めてしまうのは、あまりに危険過ぎますので、相見積りを出してもらったら、どこを比べるのかのポイントを5つほど説明していきましょう。①塗料の種類…塗料メーカーでの違いはあっても、効果が同程度のもので、外壁と一緒に塗られる雨戸や破風、雨どいなども同じ塗料を使用していること。②塗りの回数…下塗り・中塗り・上塗りの必ず3度塗りの工程があること。③ケレン(古い塗膜やサビなどを落とすこと)や下地処理項目の記載…この処理をしなければ、新しい塗装をしても落ちやすくなってしまうため、必要工程になること。④塗装面積…延床面積×3.3×1.2で、だいたいの塗装面積がわかるため、業者の数字を見てみること。足場面積>外壁面積となっているかも見てみること。⑤塗装箇所…すべての塗装箇所を細かく記載していること。これらを比べていけば、業者説明時に質問をすることができるでしょう。その答えによって、業者の反応を見てみることも、見積り書面だけではわからなかった判断材料になることでしょう。

気候や時期

よく、外壁塗装は6~7月の梅雨時を避けた春・秋が一番といわれ、雪の多い地域では、冬は完全に塗装作業が不可能となるため、それも除いた時期といわれています。では、避ける時期は外装塗装業者が休業しているかというとそうではなく、年中、作業は行われていますので、1年を通しての気候や時期の良し悪しを比較していきましょう。春のメリット:天候が安定、デメリット:春の嵐や春雨前線の時期もあり。梅雨のメリット:業者の日程が空いてコストダウンの期待大、デメリット:梅雨前線で長雨が多い。夏のメリット:晴れる日が多い、デメリット:猛暑・台風・ゲリラ豪雨で気温や湿度が不安定。秋のメリット:天候が安定、デメリット:秋雨前線や台風で長雨になる時期もあり。冬のメリット:湿度が低く、乾燥しやすい、デメリット:最近では、全国的に凍結・降雪の可能性大。このように見ていくと、四季のどの気候や時期においてもデメリットは存在しているのがわかります。特に、気象異常によって全国的に昔の常識は通じなくなっていることもあり、今は、気候や時期よりも、「気温5℃以下、湿度85%以上」という条件下での作業ならベストというとらえ方もあるようです。

見積り

外壁塗装は職人の腕も重要ですが、そもそも材料である塗料の選定が耐久年数に関わる重要な部分になります。そこで、見積りで出てくる塗料の耐久年数や価格を見ていくことにします。塗料にはグレードがあり、耐久年数や性能によって単価の違いが見られます。主なグレードを下から挙げてみると、①アクリル:耐久年数4~7年、単価:1,000~1,600円。②ウレタン:耐久年数5~10年、単価:1,700~2,200円。③シリコン:耐久年数8~15年、単価:2,300~3,500円。④ラジカル:耐久年数8~15年、単価:2,500~3,500円。⑤ビュアアクリル::耐久年数12~15年、単価:3,500~4,000円。⑦フッ素:耐久年数15~20年、単価:3,500~4,500円。⑧光触媒:耐久年数15~20年、単価4,200~5,000円。⑨無機:耐久年数20~25年、単価4,500~5,500円となります。塗料メーカーや業者によって多少の誤差はありますが、大方の数字はこのぐらいです。一般的に使用される普通のグレードは、③のシリコンか④のラジカルになるでしょう。業者多くがおすすめしてくるグレードでもあります。

経年劣化で古くなった外壁塗装をキレイに塗り直すことで、機能も美しさもよみがえります。外観の美しさは、建物の顔ともいえる部分ですから、色選びも需要な選択になるでしょう。住む街を見渡すと、一般家庭の戸建てやマンションなどの外壁は、白っぽい色や黒・グレー・茶系が多いと思うかもしれませんが、周りとの調和を考えると、自然と同じような色になってくるのです。よほど商売や賃貸マンションなどで目立つようにしたいとか、個人的に目立ちたいという理由でなければ、同じトーンにしておくことがおすすめです。外壁塗装業者は、「何色でもお好きな色を」とはいいますが、1軒だけが目立つことは、防犯上から見ても好ましくはないでしょう。また、真っ白や真っ黒、原色では、退色していくほどに汚れや色落ちが目立ちやすくなる傾向にあります。極端な色は、避けたほうが無難でしょう。外壁塗装をすると決めたら、作業が開始されるまではある程度日にちがありますから、散歩ついでに近所の家々を意識して見て回ると、色のイメージが固まりやすいのではないでしょうか。朝・昼・夕、晴天・雨天・曇天でも見え方が変わるため、いろいろな条件下で見ることがおすすめです。

何事でもそうですが、ご近居トラブルになることだけは避けたいものです。外壁は自宅を塗るだけだからといっても、足場の組み立てや解体・外壁洗浄時の音、塗料の臭い、通路や日当たりの問題など、一時的とはいえ、迷惑をかけるようなことも発生する可能性はありますから、工事をする前には挨拶回りをしておきましょう。住宅密集地では特に気遣いが必要であるにも関わらず、ご近所づき合いが希薄なばかりに、些細なことでもトラブルになりかねません。そうならないためにも、丁寧な事前の挨拶回りというのは必要不可欠になります。だいたいは、外壁塗装業者の業務に挨拶回りも含まれますが、できれば施主もひと声かけておくことがベストでしょう。事前に知っていると知らないとでは、心象が全然違いますし、今後も長く同じ地域に住むようなら、やはり、顔を合わせてのひと声は大事になります。昔から「向こう三軒、両隣、裏三軒」というように、周りを囲んでいるお宅へ工期や時間帯、休日のお知らせを兼ねた挨拶はしておきたいものです。挨拶を、もし、業者に任せるとしても、500円前後の軽い程度のもので構いませんから、挨拶土産を持参すると、丁寧な印象になるでしょう。

手抜き工事

平均して百万円前後の費用がかかる外壁塗装ですが、手抜き工事をされたらたまったものではありません。手抜き工事とは、どのようなことをいうのでしょうか。①足場をしっかり組んで塗装しないため、塗りムラが出る。②早く終わらせようと、足場や窓枠などの養生シートをせず、塗膜除去の下処理を雑にする。③原価を浮かせるために、塗料を安価なものにすり替える。④しっかり高圧洗浄をしない。⑤雑な作業が当り前となっており、塗料の希釈や塗り回数を省く。⑥塗料の乾燥時間を守らない。⑦降雨時や湿度85%以上でも工事を続けるなどが挙げられます。誠実で、高い意識を持った外壁塗装業者や職人は、これらのことは当然しないでしょう。塗装業界では、非常識だとわかっている事柄ばかりなのです。それでも手抜き工事をする業者や職人がいるということは、確信犯ということに他ならないでしょう。そうならないためにも、まずは、下請け任せの業者には頼まないことが先決です。手抜き工事をされても、1~3年ほど経たなければ、素人目にはまったくわからないでしょうから、数年後に泣きを見ないためにも、塗装1級技能士が1人以上は在籍する業者への依頼をおすすめします。


外壁塗装を頼みたいけど結局どこがいいの…
外壁塗装は頻繁に行うものではないので誰でも初めは不安です。

当サイトでは塗装に関する不安や悩みを解消できるように、口コミやお見積り情報を提供します。

「外壁塗装駆け込み寺」掲載業者は全国500社の有料塗装会社から選ばれた業者なので

当サイトである程度塗装に関する知識をつけてお見積りを出して頂ければ、必ず納得して頂けると思います。



あなたの街の外壁塗装の適性相場で見積もりができます!