これだけは外せない外壁塗装のポイント3つ

これだけは外せない外壁塗装のポイント3つの画像

外壁塗装で失敗しないために

建物の外壁は、築年数が経つにつれ、色あせや汚れ、ヒビ割れ、シーリングの剥がれなど、数々気になる点があるものです。突然、外壁塗装業者の訪問で指摘を受けることもあるでしょう。外壁をメンテナンスしなければならない目的は、美しさを取り戻すことの他に、住まいを長持ちさせることにあります。

特に、初めての外壁塗装だとすると、素人には、何をどうすれば良いのかの注意ポイントがわからないかもしれません。だからといって、適当な外壁塗装業者に依頼して、万が一にも失敗したとしたら、せっかくの住まいで嫌な思いをしなければならなくなってしまいます。後から高額な費用を要求されたり、手抜き工事をされたり、態度の悪い悪質業者に出会ってしまったりしたら、何年も悔しい思いを引きずって過ごさなければならないでしょう。

そうならないためにも、外壁塗装で失敗しないための重要なポイントを知っておくことは大事なことです。例えば、①必ず複数の見積りを取る、②わからないことは事前に質問する、③手抜き工事をチェックするということが、一つの目安となります。不安を少しでも解消し、誠実な外壁塗装業者に依頼できるよう、具体的に詳細をみていきましょう。


ポイント①必ず複数の見積りを取る

外装塗装業者といっても、リフォーム業者、大手業者、工務店、塗装専門店など、いろいろあります。その中から依頼するのは1社ですから、どこに決めたら良いのかの第一歩は見積りからになります。複数の見積りを取ることを相見積りといいますが、正しい相見積りの取り方は、同じ条件のもとで取ることです。 同じ条件というのは、主に塗料の種類によって金額が変わるからです、塗料の種類を挙げると、価格や耐久性の低いい順からアクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、ラジカル系塗料、ピュアアクリル塗料、フッ素系塗料、セラミック塗料、光触媒塗料、遮熱系塗料があり、一般的に多く使用される標準的なランクとしてはシリコン系塗料、ラジカル系塗料が多いでしょう。 もし、あまりにも外壁が傷んでいると、材質がサイディングの場合は、張り替えということもあります。その際にも窯業系・金属系・木材系・樹脂系などの種類がありますから、今あるサイディングの種類や張り替え可能な種類を知ってから相見積りを取らなければならないでしょう。 このように、最低でも塗料の種類による金額の違いを知らなければ、相見積もりをしても比較はできないということなのです。

ポイント②わからないことは事前に質問する

「外壁塗装の相場はどのくらい?」、「塗料の種類と違いは何?」、「工期はどのくらい?」など、疑問はたくさんあることでしょう。もしかすると、わからないことさえわからないかもしれませんが、見積りを依頼する際には、外壁塗装業者が自宅にやって来るはずですから、その際にわからないことは事前に質問しておくことが大事です。 自宅にやって来るのは、塗装をする面積を出したり、塗装箇所の確認をしたり、塗料の種類を確認したりしてからでないと見積りは出ないからです。実際に見積りができ上がると、常識的な外壁塗装業者なら、見積り内容の説明をするために再度来訪することでしょう。 その時点で説明を聞きながら、少しでも疑問があれば聞いておくことをおすすめします。聞くことによって知識も増えますし。意外な情報を聞きだせる可能性もあるでしょう。単に、金額の安い高いだけではなく、納得できるまで疑問に答えてくれる姿勢も外壁業者選びの目安になります。本契約を結ぶ前に、わからないことはすべてクリアにするようにしましょう。 もし、郵送やメールで済ますような外壁塗装業者なら、すでにやる気のなさが出ていますから、依頼の対象外としても良いでしょう。

ポイント③手抜き工事のチェック

外壁塗装工事の怖いところは、手抜きをしようと思えばいくらでもできてしまうことになります。手抜き工事というのは、コストや時間の削減(塗料を指定されたものより安いものに替える、工程を省く、早く仕上げて人件費を浮かすなど)をされてしまうことです 施主が毎日、高いところに上って見るわけにもいかず、こうした手抜き工事の事例は後を絶ちません。万が一、手抜き工事をされたら劣化が早まり、次期塗り替え前でのやり直しをしなければならなくなります。せっかく何十万、何百万単位でお金を出して依頼するわけですから、手抜き工事をされたら怒り心頭でしょう。 手抜き工事を完全に防ぐことは素人ではなかなか難しいかもしれませんが、手抜き工事のチェックとしてせめて行いたいことは、毎日の工程を把握するようにし、どこをどうしたかの説明をしてもらうこと、写真を撮ってもらうことをすることです。当り前のことではありますが、そうすることによって、職人の意識が違ってくるでしょう。 また、職人がどのくらいの経歴を持っているかを確かめておくことも大切なことです。経験の浅い職人や、見習いの職人が仕上げていると、仕上がりに差が出ることは明らかでしょう。


外壁塗装を頼みたいけど結局どこがいいの…
外壁塗装は頻繁に行うものではないので誰でも初めは不安です。

当サイトでは塗装に関する不安や悩みを解消できるように、口コミやお見積り情報を提供します。

「外壁塗装駆け込み寺」掲載業者は全国500社の有料塗装会社から選ばれた業者なので

当サイトである程度塗装に関する知識をつけてお見積りを出して頂ければ、必ず納得して頂けると思います。



あなたの街の外壁塗装の適性相場で見積もりができます!