外壁塗装の塗り替え時期と季節は?

外壁塗装の塗り替え時期と季節は?の画像

以前は外壁塗装の塗り替えのタイミングというと「新築から6年ごと」というのが一般的でした。そのため塗装の回数が今より多く地元の塗装屋・ペンキ屋さんが多くありました。 最近では塗料の品質向上により「新築から10年ごと」が一般的な時期の目安と言われております。ただ、こちらはあくまで目安ですのでひび割れやチョーキング現象が見られる場合は早めに塗り替えを行うようにしましょう。

はじめに知っておくべきこと

外壁塗装の塗り替え期間

外壁塗装の塗り替え時期の目安は新築から10年です。

外壁と屋根は毎日紫外線を浴びたり、雨風にさらされたりすることで日々少しずつ劣化していきます。新築から5年経過すると鉄部分と木材部分の塗装が劣化してきます。さらに5年が経過すると建物全体の耐久性にも影響する外壁や屋根の塗り替えが必要になります。 また、塗料の種類や日当たり、風通りや湿気によって同じ建物でも劣化のスピードは変わります。 あなたの家がある程度の年数が経過しているのなら、簡単にセルフチェックなどを行いましょう。特に新築時はアクリル塗料など安価な塗料を使われる場合が多いので、その場合は5年で一度はチェックしておいた方が良いです。

■セルフチェックポイント

項目ポイント
ヒビ割れモルタル製の壁によくみられ、隙間から劣化していく恐れがあります。
カビ・コケ少しのコケが増殖し、最終的にカビになってしまいます。
汚れ直射日光による日焼けなどによりチョーキング現象が起こります。
色あせ防水やツヤ出しのコーティング材が取れると、色あせが目立つようになります。
コーキング(シーリング)劣化コーキングの劣化は雨水の侵入やシロアリ発生の原因になります。

「チョーキング現象」とは塗装の劣化により壁の側面に白い粉が吹き出してくる現象です。チョーキング現象は塗装の塗り替えの目安とも言われておりますので、ご自宅の外壁を触って確認をしてみましょう。 自分で外壁塗装の異変に気づかなくても、訪問販売の塗装業者が訪問してきて異変を伝えてくる場合があります。全ての訪問販売業者が悪いという事ではないのですが、訪問販売業者差は悪質な業者も多く、ぼったくりや、お金の持ち逃げ、手抜き工事などの被害が毎日のように報告されています。営業マンが訪問販売に来た場合は、即決は絶対にしないようにしましょう。

「コーキング」とは建物の気密性や防水の為に、サイディング外壁やサッシ回り、タイルなどの隙間を詰めてふさぐ素材です。シーリングと呼ばれることもありますが、一般的に同じです。コーキングも外壁塗装と同様に、日光や風雨によって劣化し、約10年ほどでしわやひび割れが発生します。ひび割れが大きくなると雨水の侵入やシロアリの発生、家の木材の腐食に繋がる場合があります。劣化の度合いが変色程度であればコーキング部分を上から塗りなおすことも可能ですが、程度がひどい場合は一度取り外しコーキングの打ち直しが必要になります。

塗装工事を行う季節は?

塗装工事を行う季節は?

外壁塗装業界では「春は塗装シーズン」と言われています。なぜ春が塗装向きなのかというと、湿度が低いため塗料が乾きやすく、気温も高すぎず低すぎず、職人さんが外で作業しやすい条件の揃った時期だからです。また外壁の塗装時には、家のまわりに足場を建てて飛散防止ネットを張るのですが、これによって家の中が日陰になってしまいます。塗料などの独特の匂いもあり、工事期間中は窓を閉め切って生活することになりますので、気候の良い春は、施工業者にとっても依頼主にとっても、工事向きの季節だと言えます。

その他の季節、例えば梅雨の時期の塗装には問題ありませんが、雨の日は工事ができないため、工期が長引く可能性があります。また夏は窓を開けることができないことが心配されますが、気温が高いため塗料の乾きがはやく、伸びもいいので作業がはやく進みます。

秋は空気が乾燥し塗料が乾きやすく、春と変わらずストレスなく工事のできる良い季節です。ただし、台風シーズンでもあり、天候が不安定で工期が延びやすいという面もあります。冬は空気が乾燥しているので塗料の定着がよく、窓を閉め切っていても支障がないのですが、気温や霜・積雪の影響で作業が難しくなることもあります。


外壁塗装のメリット

外壁塗装の検討理由として「汚れ」や「ヒビ」など見た目を改善したいと答える人が大半です。ただ、「見た目を良くするためだけに数百万円を払うのは・・・」と考える人も多いと思います。

あまり知られてはいませんが、外壁塗装には見た目の改善だけでなく、複数のメリットがあることをご存知でしょうか?

外壁塗装のメリット

  • 家の寿命を延ばす
    外壁塗装は家の耐久性を高めます。定期的に外壁塗装をすることで長く暮らせる家になります。
  • 補強し負担を減らす
    外壁塗装を行うことで防水、断熱、遮熱などの機能を高める事ができます。
  • 家全体の点検・早期対応
    塗装工事の際は屋根など日常生活で目に触れないところの点検ができ、早期発見に繋がります。
  • 生涯的な費用を安くする
    壁のダメージが大きくなると塗装料金も高額になります。定期的に塗り替えたほうが安く済みます。

希望日の何日前に依頼するのか?

希望日の何日前に依頼するのか?

外壁塗装自体の期間は、例えば30坪程度の戸建て住宅で、工程を合計すると約8日くらいです。ただし、雨が降れば工程が順延されることになりますから、外壁塗装が完了するまでに、大体10日~2週間ほどかかると考えるとします。

工事中は、ご近所様にご不便・ご迷惑をおかけするので、必ず工事が始まる前に挨拶に伺う必要があります。目安は工事開始の一週間前あたり。

塗替えを行う為には効率性・安全性を上げる為に作業用の足場が必要です。屋根でも傾斜が大きい時はその時に応じて足場を掛けて工事をします。それらの足場を組む音や、外壁や屋根の塗装面にこびりついたカビや汚れ、ほこりを高圧の水流によって高圧洗浄する音は、かなり大きいです。更に、業者の車両が出入りしたり、路上に駐車したりすることもあるでしょう。塗装の匂いもかなり広範囲に広がります。近所への気配りを入念にしてもしすぎることはありません。

また、作業前の行程として、カーポートのアクリル板やベランダの波板によって足場の柱を建てられない場合は、工事前に取り外すと言うものもあります。

それら挨拶や準備の時間、最終調整の時間などを加味すれば、工事開始の2週間前までには依頼する方が良いでしょう。

外壁塗装にかかる期間

外壁塗装にかかる期間

依頼主にとっては、外壁塗装作業が何日で終了するかということは大きな問題ですよね。塗装業者の中には、遅れた場合のクレームが生じるのを避けるために、契約書に工期を書かない場合もあるようです。とはいえ、依頼主側としては工期がわからないのは困りますので、工事期間の細かなスケジュールを出してもらいましょう。そしてもし契約書に工期が書かれていない場合は、工期を記入したものを再提出してもらいましょう。

一般的に外壁塗装工事では、雨が降っている日や、雨が上がっても外壁や屋根が濡れている状態の日には塗装を行いません。こういった天候による作業の遅れも考慮に入れたうえで、余裕のあるスケジュールを組む必要があります。

あくまで目安ですが、戸建て住宅の外壁塗装は、工程を合計すると約8日になります。雨が降れば工程が順延されることになりますから、外壁塗装が完了するまでに、10日~2週間ほどかかると考えておくとよいでしょう。

工事期間中は、毎日作業の進み具合をチェックするようにしましょう。仕様書と同じか、打ち合わせ通りに進んでいるかのチェックが必要です。どんな作業をしているのか様子を見るだけで、ほとんどの作業ミスを防ぐことができますよ。

外壁塗装を頼みたいけど結局どこがいいの…

外壁塗装は頻繁に行うものではないので誰でも初めは不安です。

当サイトでは塗装に関する不安や悩みを解消できるように、口コミやお見積り情報を提供します。

「外壁塗装駆け込み寺」の掲載業者は全国500社の有料塗装会社から選ばれた業者なので

当サイトである程度塗装に関する知識をつけてお見積りを出して頂ければ、必ず納得して頂けると思います。

あなたの街の外壁塗装の適性相場で見積もりができます!