外壁塗装にローンは適用できるの?

外壁塗装にローンは適用できるの?の画像

リフォーム工事には様々な種類がありますが、住まいを外側から守る外壁塗装工事は、とても重要な工事です。そして外壁の再塗装は、新築から10年経過したら考えたい工事のひとつですが、80~120万円という、けっして安くはない費用がかかります。教育や介護などで余裕のないご家庭では、一括で支払いをするのは難しいかもしれませんよね。そんな時に役立つのが、「リフォームローン」という支払方法です。

はじめに知っておくべきこと

リフォームローンとは

リフォームローンとは

会社にもよりますが、リフォームローンを利用すれば、支払い回数を30回・60回・120回などと分割することができます。これなら、月々の家計への負担を少なくすることができるのではないでしょうか。金利も、利用するカード会社によって異なりますが、3%程度と低金利で済むことが多いですよ。

しかし、大きなお金をすぐに支払うのが難しい方も多いのではないでしょうか。また、もしお金には余裕があっても、定期預金や投資信託等の運用で使っている方、子育てをしていて急な出費に備えておきたい方もいるとおも追います。

手元のお金を使わずに済むというのはローンの大きなメリット。当然金利というデメリットあります。

ローンを組むとはお金を借りるということですので、借りたお金に金利を上乗せして返済する必要があります。つまり、返済金額は「外壁塗装の料金+金利」となりますので、総返済額はローンを組まなかった場合と比べて高くなります。またローンの期間が長いと、ローンの返済が終わらないうちに次の外壁塗装のタイミングが来てしまいます。その際もお金が必要になり、またローンが必要なる可能性すらあります。

金融機関に相談してみよう

金融機関に相談してみよう

リフォームローンを利用するにはまず、事前に審査に通過しなければなりません。審査から落ちてしまえば当然、ローンは使えません。また住宅ローンが残っている場合には、重ねての支払いになってしまうことも考慮しておきましょう。返済に無理のないよう、分割方法をよく計画せねばなりません。

ひとくちにリフォームローンと言いますが、どこに申し込めばいいか分からない方も多いかもしれませんね。選択肢として挙げられるものとしては、住宅ローンの銀行を利用する方法があります。

マイホームの場合、すでに金融機関で住宅ローンを利用している方が多いのではないでしょうか? もしそうなら、同じ金融機関に相談してみましょう。住宅ローンの内容にプラス、無理のない低金利でのリフォームローンを組むこともできる可能性もあります。住宅ローンの方が、金額が大きくずっと厳しい審査ですから、リフォームローンはより相談しやすいでしょうし、きっと親身になってもらえるので、お勧めです。

金利を安くしたい!

住宅ローンを組んでいる場合、そのローンを組んだ金融機関に相談すれば最も金利が低くなります。住宅ローンを組んでいると、返済中でも優遇金利でリフォームローンを組める可能性があるからです。もちろん、他の銀行系のローンを組むこともできます。こちらも金利はノンバンクよりは低いことが多いので、優先順位としては住宅ローンを組んでいる金融機関の次に検討しましょう。ただし、ほとんどの銀行で「不動産担保があること」や「安定した収入があること」などの審査基準がありますので、審査の結果融資が下りない可能性があります。

銀行でローン組めない場合、カード系のローンやノンバンクのリフォームローンを検討してみましょう。塗装業者が提携している信販会社カード会社でローンを組むこともできます。

いずれにせよローンを組む際には、次の外壁塗装がいつごろになるのかのめどを立てて、期間を設定しましょう。ちなみに外壁塗装を行う期間は、だいたい10年ごとです。

リフォーム支援制度を利用

およそ10年ごとに再塗装が必要になる、外壁や屋根。家という資産を守るためには必要な工事ですが、その費用は安くて80万ほどかかり、それを一括で支払おうと思えば、かなりの家計圧迫になります。そして、まとまった資金が手元になくとも、リフォームローンを使えば外壁塗装を行うとは可能です。ローンの組める外壁塗装業者を選び、そこでローンを組んだり、銀行やノンバンクでローンを組んだりする方法もあります。

けれど、金利が比較的安い銀行の審査に通らなかったり、住宅ローンと二重にローンを抱えることになったりすることもありますので、まずは工事費用を節約できる方法もぜひ検討してみましょう。

外壁塗装を行う前に、まずはそれぞれの自治体のリフォーム支援制度をチェックしてみましょう。住んでいる地域によって異なりますし、支援制度にももちろん条件はありますが、補助金がおりることもありますから、単にローンを組むよりは家計に優しくなるのではないでしょうか。

援制度の例

基本的に、47都道府県すべてでリフォーム支援制度はあります。具体的な支援内容は、現物支給や給付、商品券等を含む「補助」です。ついで、「利子補給」、「融資」、「専門家の派遣」などがあります。

支援が最も充実しているのは、耐震診断・耐震改修などの耐震化に対するものです。東北や九州で起きた大地震を鑑み、耐震化への支援制度は多くの自治体にあり、つぎに支援制度の多いバリアフリー化を大きく超えています。とくに旧耐震基準の木造住宅の耐震改修はめ緊急課題であり、国が強く推進しているので、支援制度を設けている地方公共団体は多いようです。

高齢化社会への対応や国際的な地球環境への配慮など、国として推進しているリフォームに対して、地方公共団体の支援制度も多いという状態です。けれど、寒冷地域での克雪対策や都市部での防犯対策などへの支援制度など、お国事情を反映させた支援制度もありますので、まずは居住する自治体のHPでどんなものがあるか確認してみましょう。

援制度の例

基本的に、47都道府県すべてでリフォーム支援制度はあります。具体的な支援内容は、現物支給や給付、商品券等を含む「補助」です。ついで、「利子補給」、「融資」、「専門家の派遣」などがあります。

支援が最も充実しているのは、耐震診断・耐震改修などの耐震化に対するものです。東北や九州で起きた大地震を鑑み、耐震化への支援制度は多くの自治体にあり、つぎに支援制度の多いバリアフリー化を大きく超えています。とくに旧耐震基準の木造住宅の耐震改修はめ緊急課題であり、国が強く推進しているので、支援制度を設けている地方公共団体は多いようです。

高齢化社会への対応や国際的な地球環境への配慮など、国として推進しているリフォームに対して、地方公共団体の支援制度も多いという状態です。けれど、寒冷地域での克雪対策や都市部での防犯対策などへの支援制度など、お国事情を反映させた支援制度もありますので、まずは居住する自治体のHPでどんなものがあるか確認してみましょう。

「住宅ローン減税」を利用する

「住宅ローン減税」を利用する

ここでご紹介するのは、外壁塗装を行うなら必ず覚えておきたい住宅ローン減税、「住宅借入金等特別控除」です。「住宅ローン」ですから、外壁塗装などのリフォームには、一見無関係に思えるかもしれません。しかし、実は条件によっては適用されますから実際に外壁塗装を行う前に、必ず確認しましょう。

住宅ローン減税の適用条件は、次の通り。

リフォームローンの場合ならば、ローンを組む人間自身が所有する住宅のための、借り入れであること。工事費用が100万円を超えていること。返済する期間が、10年以上であること。リフォームの面積が50㎡以上であること。以上のような条件に当てはまる場合には、適用を受けることができます。

手続きと控除額

住宅ローン減税である「住宅借入金等特別控除」を受けるには、翌年の税務署にて確定申告時に申請する必要があります。ただし。その際に必要書類がなければ、せっかくの減税控除もできません。当たり前ですね。

外壁塗装工事をする前に、減税控除における最も大事な書類、「増改築等工事証明書」を塗装業者に発行してもらうことを、絶対に忘れないようにしましょう。その他、減税を受ける為のコツなど詳しく確認したい方は、外壁塗装を扱うサイトを見てみましょう。リフォームローンに詳しい優良業者を、商会してくれるサイトもあります。

また減税控除の額についてですが、世帯の年収や扶養家族の人数、工事費用や住宅ローンの内容などによっても変わってきます。また減税制度については細かな条件等もあり、難しく分かりにくいと思う方も多いと思います。確認するだけならそこまで手間はかかりません。減税の可能性があるかどうか、リフォーム会社や塗装業者に相談してみましょう。