外壁塗装の失敗事例から学ぼう

外壁塗装の失敗事例から学ぼうの画像

外壁塗装の失敗事例から学ぼう

建物は、築10年前後になれば、どうしても外壁塗装のメンテナンスが必要になるでしょう。外から外壁を見ると、色あせていたり、継ぎ目のシーリングが剥がれてきたり、白い粉がつくチョーキングが始まっていたりなど、劣化の症状が表れていることが見てとれます。初めての外壁メンテナンスであれば、「金額はいくらかかるのか」、「どこに依頼するのか」、「工期はどのくらいかかるのか」など、わからないことだらけでしょう。そうなると、ネットや専門雑誌などで調べれば良いと思うでしょうが、たくさんの業者があり過ぎて、結局は何を基準に選べば良いのかがますますわからなくなり、混乱するばかりかもしれません。じっくり調べる余裕があればまだ良いのですが、もし、雨漏りがしていたり、どこかが剥がれていたりなどの緊急性がある場合は、とても悠長なことはいっていられない状態です。焦って今日、明日中に決めてしまわなければ…と思うと、「もう、どこに依頼しても一緒」という気持ちになったとしても無理はありません。

困ったり、迷ったりしていると、タイミング良く外装塗装業者が営業に来て、「今ならキャンペーンをしていて、限定1棟だけ」とか、「この塗料なら、今だけ割引になる」などといわれたら、つい契約をしてしまいそうです。ほとんどの方は「限定」とか、「今だけ」とかいう言葉に弱いですから、その業者のことを調べないで契約をしてしまうこともあるでしょう。また、自分でとりあえず塗装をすれば何とかなると思い、DIYの延長で塗ってみようと思うかもしれませんが、かえってコストがかかったり、キレイに塗れずにムラになったりする可能性があります。築十年前後で行う外壁塗装の費用は、決して安くはありませんから、緊急性がないなら比較検討を慎重に重ねて、しっかりした業者に依頼したいものです。これから見ていく外壁塗装の失敗事例を参考にして、同じ失敗はしないようにしましょう。


失敗例➀DIYと一緒に自分で塗装し

いつもDIYを楽しんでいるDIY好きな方は、外装も自分で塗るつもりかもしれませんが、業者のする工程を自分でするということですから、かなりの覚悟が必要でしょう。塗料選び、スケジュールはもちろん、自分で足場も組んで実行するとなると大事だからです。はしごや脚立で少しずつやるから…と思っていても、作業が進みませんし、第一、危険極まりないでしょう。しかも、素人では色ムラが出やすくなります。ポイントを押さえた塗り方ができないからです。何十年と経験のある職人さんの仕事をするのですから、上手く、すぐできると思ったら大間違いなのです。費用が数十万円安く済むかもしれませんが、すべて満足して施工した場合に限ってです。失敗する危険性のほうが大きくなりますから、おすすめはできません。どんな失敗例があるのかというと、①落下の危険性、②スケジュールが立たない、③不具合が起きてやり直し、④塗料量や機能性の間違い、⑤色の誤算など、数々の問題がよく挙げられるのです。外壁は建物の顔でもありますから、失敗すればそのまま十年ほど我慢するか、すぐ直さなければならないかのどちらかになるでしょう。業者に依頼すると、“費用が数十万円違うこと”は確かに大きなことですが、それだけで代償がもっと大きくなれば、自分のしたことは何だったのか…になってしまいます。初めに費やした費用や価格がムダになり、結局は費用で損をする結果になりかねません。

失敗例➁しつこい営業を断れず契約

外壁が傷んでいると外部から目立ち、目につくことになります。外壁塗装業者から見れば、一層、よくわかりますから、飛び込み営業や電話営業も多くなるでしょう。特に、ネット情報のない高齢者世帯では、あまりにもしつこい営業をされると、根負けによって契約をしてしまうケースが多くなります。それだけ、狙われているということです。高齢者世帯でなくても、「この頃、ちょうど外壁塗装をしようと思っていた」などと口を滑らせてしまえば、格好のターゲットになってしまうでしょう。また、断れないような性格とわかっている方も要注意です。では、しつこい営業とは、どのようなケースがあるのか見ていきます。①長時間居座り、今、契約させようとする、②一度訪問すると、断っても何回も来る、③電話が1日に何回もあり、毎日続く、④断っても、訪問か、電話営業が続く、⑤訪問やチラシ配布が続くなどの行為です。これらの行為は、よくいう“悪徳業者”に当たるでしょう。これほど注意喚起されている世の中にもかかわらず、まだ消費者をだます悪徳業者がいることは、消費者センターへの相談件数が減らないことでも裏づけられています。1日20件前後の相談が毎日続いているのです。もし、「うっかり契約をしてしまった」、「失敗した」と思ったら、契約から8日以内(土・日・祝日を含む)に行うクーリングオフ制度で解約ができますから、1日でも早く手続きを取るようにしたいものです。

失敗例➂比較サイトの値段で決定

ネット検索をするだけで、外壁塗装業者が手軽に探せる時代です。いろいろな業者がいろいろな値段で出していて、果たしてこの金額で良いのかと思うような安い業者も出ていることでしょう。業者を選ぶ基準としては実績や事例が大切ですが、その条件は前提として、値段が一番気になるのではないでしょうか。あるリフォームアンケートでは、やはり、価格の明朗さや安さを第一基準にする結果が出ていますから、皆さんの多くが値段を気にすることがよくわかります。比較サイトで簡単に業者から見積りをもらえますから、これから利用しようと思っている方もあるでしょう。ところが…です。外壁塗装の見積りは、様々な要素で決まり、要素次第で数字は大きく変わります。同じ要素で比較しなければ、比較サイトを利用したからといっても、値段だけで決定してしまうことは軽率かもしれません。要素というのは、建物の大きさや形、傷み具合、塗料の種類、元々の壁材種類などによるところや、足場の種類、人件費などのことになります。施主側から要素を決めるわけではありませんが、建物の大きさや形、傷み具合、元々の壁材種類を下見することなく、ネット上の値段だけで契約をしてしまうと、後で現場を見た時に食い違いがあって追加料金が発生したり、支払いの段階でトラブルになったりするケースも多々あるのです。比較サイトを利用するのは良いことですが、下見なしに決めることはとても危険でしょう。

失敗例➃塗料の高額アップで高額に

「外壁塗装の塗料といっても、メーカーや種類がいくつもあることをご存知でしょうか。どのメーカーの、どのランクの塗料かを使用するのかによっても、外壁塗装の値段は左右されることになります。大きく分けられる塗料のグレードを下から順にみていくと、①アクリル系塗料:耐久年数4~7年、②ウレタン系塗料:耐久年数5~10年、③シリコン系塗料:耐久年数8~15年、④フッ素系塗料:耐久年数8~15年、⑤遮熱塗料::耐久年数12~15年、⑦光触媒:耐久年数15~20年などとなります。値段もグレードに従って高くなっていきますから、見積りを依頼する時点で、どのグレードの塗料かを決めなければ、他社との比較もできないことになります。塗料の機能性を事前に調べることが一番で、業者にも聞いてみることがおすすめですが、業者の中には、施主の知識不足を逆手にとって、高い塗料を初めからすすめてくることもあるのです。建物の耐久年数に関わる塗料ですから、良い品質であることに越したことはありませんが、予算をかけ離れて無理をしたところで、外壁塗装をしたための負担が増えるだけでしょう。良心的な業者なら、妥当な塗料の提案(シリコン系)とワンランクアップした塗料(フッ素系か遮熱)の2種類を提案してくれるはずなのです。もし、最初から「これがおすすめです」として、高いランクの塗料だけ出してくる業者があれば、その時点で怪しいと思わざるを得ません。

失敗例➄ご近所への事前連絡をせずにトラブルに

外壁塗装をしたために、ご近所トラブルになって住みにくくなることは避けたいものです。怨恨にまで発展すると、引っ越しや裁判などにまでなってしまう可能性すらあります。そうならないためにも、日頃から挨拶程度でも構いませんから、隣近所と接点を持っておくことは大事です。ただ、都心部になればなるほど、生活時間帯が世帯によって大きく違いますから、顔を合わせることもままならない事情もあるでしょう。この頃ではそういうご時世もあり、常識的な業者なら工事の1週間前には、近隣の各世帯に丁寧な挨拶回りをしてくれることは工程の一過程に入っています。その内容も施主としてしっておくことは重要で、注意をしなければなりません。なぜ、ご近所トラブルになるのかといえば、事前連絡をしないことは論外ですが、迷惑をかけそうな内容がしっかり伝わっていないことにも原因があるからです。例えば、「休日に工事がうるさい」、「工事車両が邪魔」、「作業員の声がうるさい」、「終了期間で終わらない」など、事前に書面などにして口頭挨拶をしておけば、防げる問題をしっかりしていないことからトラブルは起こってしまいます。作業途中のトラブルの適切な対処方法を誤っても起きることがあります。ご近所からクレームがあっても改善しないで放置したり、施主に報告を入れなかったりなどした場合です。物理的に外装がキレイになっても、人間関係がギクシャクしては意味がありません。


外壁塗装を頼みたいけど結局どこがいいの…
外壁塗装は頻繁に行うものではないので誰でも初めは不安です。

当サイトでは塗装に関する不安や悩みを解消できるように、口コミやお見積り情報を提供します。

「外壁塗装駆け込み寺」掲載業者は全国500社の有料塗装会社から選ばれた業者なので

当サイトである程度塗装に関する知識をつけてお見積りを出して頂ければ、必ず納得して頂けると思います。



あなたの街の外壁塗装の適性相場で見積もりができます!