外壁塗装の見積もり金額の妥当性

外壁塗装の見積もり金額の妥当性の画像

はじめに知っておくべきこと

必ず複数社見積もりをとる

外壁塗装工事には、定価がありません。一般的に相場を知られていない為、残念ながら本来は100万円ほどで出来る工事でも、200万で売ってくる業者もあります。

車はどの販売会社で買っても、ほとんど同じ商品を同じ様な値段で購入することができますよね。160万円前後で販売されている車が他で300万円で売られていれば、誰もがその値段に疑問を抱き、よほどの理由がなければそこでは買いませんよね。

ところが、外壁塗装はそうではありません。何処の業者で見積もりをとっても価格はバラバラ。100㎡で100万円と言われても、それが高いのか安いのか、業界関係者でもなければ判断は難しい。外壁塗装は相場がない分、高い値段を言われてもそれが適正なのかがわからない。よって、悪徳業者は高めの値段を言って、それが定価だと言い張ってくる、と言うわけです。

このように定価のない外壁塗装工事ですが、「価格相場」ならば存在します。外壁塗装業者のHPや比較サイトは沢山あり、施工事例が数多く掲載されていますから、自分の家に近い事例を探して相場を把握しましょう。そして塗装を依頼する場合はかならず、複数社から見積もりをとり、内容を比較するように心がけましょう。

見積もりは詳細に出してもらう

見積もりは詳細に出してもらう

外壁塗装の相場は、あまり知られてはいません。リフォームや塗装業者のサイトをみてもわかる様に、多くの会社では施工の金額を掲載しないからです。施主さんが嫌がるからと、金額が施主さんにばれてしまうからがその理由ですが、嫌がる施主さんの金額は、載せなければ良い話ですよね。しかし「時価」で見積もりをしていた場合は、家の大きさがあまり変わらないにも関わらず、もし大きく金額が違えば「なんでウチは金額が高かったのか!」と責められてしまいますよね。だから、載せないのです。

家の屋根や外壁がどれくらい傷んでいるかは、家により価格は異なります。けれど、何十万も異なる事はありません。ただ実際に外壁塗装の見積もりを取ると、1~2万円の違いならまだしも、10~20万円、場合によっては50万円相当違う事も多々あります。こうなると一体どうやってその見積もりをだしたのかと考えるのも当たり前です。

平均標準シリコンで、30坪の家を施工したとして、相場は大体70万円です。その相場を知った上で、さらに塗り替え見積もりについて一体何にいくらかかっているのかを詳細にだしもらいましょう。リフォーム業者のサイトには似たような施工例が掲載されているでしょうから、それも参考になりますよ。

最低限の知識は持とう

最低限の知識は持とう

残念ながら、外壁塗装工事ほど手抜きをしやすい工事はないと言われています。そのせいか、塗装業界には悪徳業者が多いようです。何十万とある塗装業者の中から、本当に良い業者を選ぶのは非常に難しいのです。

家の外壁塗装はそう頻繁にやることではありませよね。だから他の業者と比較すること無く、たまたま初めて出会った業者で決めてしまう事がほとんどです。後からよく調べてみると、悪徳とはいえないまでも、相場とはかけ離れた金額で施工させられてしまうこともあります。

外壁塗装には定価がなく、相場が一般的に知られていません。そして誰が塗装しても、塗装後は一見綺麗に見えてしまいます。外壁塗装を訪問販売で勧めてくる業者がいますが、外壁塗装は相見積もりする隙や、考える時間を与えさせないためには有効な手段なため、「今すぐ契約しないと家が大変なことになりますよ」「今契約すると半額になります」といった脅しや甘い言葉で勧誘してくる業者もいますので、警戒せねばなりません。

その他の注意点としては、即日契約は絶対にしないこと、塗装の耐久年数は長くて20年。それより長い年数をいってくる業者がいれば、悪徳と思ってかかること。自衛のために、最低限の知識は持ちましょう。

見積もりサイトの注意(見積金額に手数料を上乗せしている場合がある)

見積もりサイトの注意

いわゆる「一括見積もりサイト」は、塗装業の業者選びが非常に難しいという実情に目をつけたIT企業が、業者と施主の間に入ることで中間マージンを得る目的に作ったものです。サイトを運営している企業の多くは「業者に見積もり物件を紹介することで収入を得られれば良い」という考えなので、塗装に関する知識があるわけではなく、ましてや登録業者の実績や、経営状態などを保証しているわけではありません。

もちろん、業者登録する際に厳しい条件を設けている見積もりサイトもありますが、ごく一部です。また、優良業者の場合は常に多くの顧客を抱えているので、あえて中間マージンを払ってまで登録する必要はありません。それどころか、安さ勝負の業者に負けて仕事を取られる可能性もあるため、優良業者であるほど一括見積もりを登録していないのが現実です。

見積もりサイト経由で契約が成立した場合は、請負金額の10~15%をサイト運営企業に支払う仕組みになっています。そのため、業者に直接問い合わせた人と同じ品質の工事をするとなると、必然的に通常の価格の10~15%を上乗せしなければならない状況になります。つまり、見積金額に手数料を上乗せしている場合があるということです。

見積書の簡単チェックポイント

具体的な見積書を出してもらってはみたものの、何をチェックすれば良いのでしょうか。

まず、良心的な見積書かどうなのかは一目でわかります。良い見積書は工事の工程ごとに、工事概要や数量・単価などの内訳が詳細に記載されています。逆に、細かい内訳もなく「仮説工事費」「外壁塗装工事費」などと見積もり金額がまとめられているような見積書は悪徳業者の可能性が高いので注意しましょう。

塗装箇所がすべて記載されているかを確認

外壁塗装のトラブルで最も多いのが見積書に書いていない工事の追加による、請求金額の追加です。このトラブルは相手が悪徳業者ではない一般的な業者の場合でも起こりえます。

例えば、外壁塗装と一言で言っても屋根塗装・ベランダ・サイディングなど人によって必要な個所は違います。樋や軒、雨戸や水切など素人には判断が難しい箇所もあります。そのような場合は逆に「塗らない箇所」を書面にしてもらうなど塗装を開始する前に相互の認識を確認しておく必要があります。

足場・養生に関する見積もりの確認

訪問販売のセールスマンで「今なら足場料金を無料で行います」と営業をかけてくることがありますが、ほとんどの場合が塗装代金など別の料金に上乗せされています。

また、飛散防止ネットも近隣の住宅との距離が近い場合、塗装の飛散によるトラブルが発生するケースもありますので、「飛散防止ネットをなくす」「足場を組まない」といったところで割引を行う業者は 安全面や工事の品質を無視しているので、おすすめできません。